▼解説(トップ)
小分類(五十音順)
圧着ペンチ
エンドニッパ
強力ニッパ
先細ペンチ
先曲りペンチ
弱電ラジオペンチ
電工用ペンチ
斜ニッパ
パワーペンチ
ピアノ線強力ニッパ
光ファイバーケーブルカッター
プラスチックニッパ
ペンチ
マイクロニッパ
ミニカッター
ラジオペンチ
リードペンチ
 ペンチは、銅線や針金を切ったり、針金細工や簡単な板金細工などに使う大変便利な工具である。

 くわえ部には、ものをつかんだ時すべらないように、凹凸のすじが切ってある。刃部の刃は強力で、銅線はもちろん、太い鉄線も切ることができる。刃部の裏側は、丸いものがつかみやすいように丸くくぼみがえぐってあり、ナット回しもできる。また料理ではギンナンを割るのに非常に便利なため、この部分はギンナンとも呼ばれる。

 ラジオペンチは、銅線や針金を切ったり、細工したりするために使用する工具だが、ペンチよりも狭い個所の細工や、細い銅線や針金を切るために適している。刃部の刃は、ペンチよりも鋭くしてあり、非常に細い銅線や針金の切断に適している。

 結合部が箱形のものと、丸形のものと2種類あるが、性能はほとんど変わりない。ペンチが強電関係に使用されているのに対して、ラジオペンチは弱電通信関係で好まれる。

 ニッパは、銅線を切る工具だ。電気通信機器、ラジオ、テレビなどの配線及び組立修理で、銅線類を切断するのに使う。ペンチは、切る以外に細工などができる、つかみ部をもっているが、ニッパの用途は切ることに限定される。

 ニッパには、普通のニッパと強力ニッパがあり、ニッパは主に銅線などを切るのに使い、強カニッパは鉄線類を切るように頑丈にできている。ふつうのニッパは、強力ニッパと区別するために、斜刃ニッパ、または斜ニッパとも呼んでいる。