JIS
めがねレンチOffset Wrenches
B 4632-1986

1.適用範囲 この規格は、ボルト・ナットの組付け又はその取外しに用いる十二角め
          がねレンチ(以下、レンチという。)について規定する。
  備 考 1. 二面幅寸法は、JIS B 1002(二面幅の寸法)による。
            なお、JIS B 1180 (六角ボルト)及びJIS B 1181(六角ナット)の付
            属書にある寸法によるものを、付属書に示す。
            このレンチに適用するボルト及びナットは、それぞれJIS B 1180及
            びJIS B 1181に規定してある。
        2. この規定の中で、{ }を付けて示してある単位及び数値は、従来単位に
           よるものであって、規格値である。
2.種  類 レンチの種類は、柄部の角度により、15度、45度及び60度の3種類とし、
         更に長さによって長形及び短形の2種類とする。
3.形状・寸法 レンチの形状は、原則として図1により、寸法は、表1による。   
           表1              単位mm
呼び 二面幅 全長L 厚さ 外径
s1 s2 (約) T1 T2 D1 D2
基準
寸法
許容差 基準
寸法
許容差 短形 長形 最大 最大
8×10 8 +0.15
+0.03
10 +0.19
+0.04
170 7 8 15 17
10×13 10 +0.19
+0.04
13 +0.24
+0.04
100 180 8 10 17 22.5
13×16 13 +0.24
+0.04
16 +0.27
+0.05
120 210 10 11.5 22.5 26
16×18 16 +0.27
+0.05
18 +0.30
+0.05
240 11.5 12.5 26 29
18×21 18 +0.30
+0.05
21 +0.36
+0.06
265 12.5 15 29 33
21×24 21 +0.36
+0.06
24 290 15 16.5 33 37.5
24×27 24 27 +0.48
+0.08
320 16.5 18 37.5 40
4.品 質
 4.1 外 観  レンチの外観は、割れ、有害なきず、まくれ、錆びその他の欠点が
           なく、仕上げの程度は良好でなければならない。
           ボルト頭又はナットにはまり合う面は、平滑で、均等な十二角でなけ
           ればならない。
 4.2 硬 さ  レンチの硬さは、6.1の試験を行ったとき、HRC37〜48とする。
 4.3 強 さ レンチの強さは、6.2の試験を行ったとき、各部に使用上の欠陥があ
           ってはならない。
5.材 料 レンチの材料は、JIS G 4105(クロムモリブデン鋼鋼材)のSCM435又は
        4.に規定する品質と同等以上の品質となる材料とする。